JR川崎駅から徒歩5分、京急川崎駅から徒歩7分の駅近くの総合病院で
〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町1-50
044-244-0131(代表)
      (予約変更は上記電話まで)
看護部教育理念
看護部教育方針
看護部教育委員会組織図
教育担当者から
新人教育
継続教育
各種研修会
院内活動

看護部教育理念

太田総合病院看護部は、病院の理念である『医は心』の精神を尊重した、臨床理念に基づく看護を自ら提供できる人材を教育する。

看護部教育方針

1.変わりゆく医療現場に即応した社会的・医療的ニーズに対応できる
 実践的教育システムを構築する
2.看護に必要な知識・技術、問題解決力、判断能力等を開発する

看護部教育委員会組織図


教育担当者から

明るく思いやりあふれた、何よりも人間性を重視した患者さん中心の看護・医療を目指している太田総合病院では、一緒に働く人々にも明るく、あたたかい、思いやりのある関係を築くよう、あいさつはもちろん、コミュニケーションの良い笑顔があふれる働きやすい環境づくりを心がけています。
入職された方の一人一人の個性に応じた、看護実践能力を養うため、看護の仕事の面白さをみつける手がかりとなるため、各対象課題に応じた教育プログラムを用意しています。
看護師は現役でいる限り、学び続ける職業です。また、患者さんに質の高い、心の通う看護を提供するには、看護師自身が楽しく、前向きであることが大切です。これからも、新人看護師からベテランまで、一緒に学び、一緒に成長しながら楽しく頑張っていきたいと思っています。

新人教育

平成27年度 新人看護職員教育計画
目標 研修内容
4月
(入職時)
・病院組織を理解する
・学生意識を変えて専門職としての
 自覚が持てる
・あいさつができる
・入職時オリエンテーション
 (看護理念・看護倫理・組織・体制含む)
・技術チェックリスト、新人育成記録の活用説明
・技術指導
・採血、静脈注射法、輸液管理方法
・気管吸引・体位変換・移動方法
・清潔操作について・看護記録について
・夜勤導入の心構え
5月 ・チームの一員としての自覚が持てる
・実施したことの報告が出来る
・プリセプターとの面接
・技術チェックリスト・新人育成記録の提出(1ヶ月)
・BLS講義・演習・AED
・酸素療法(インスピロン含む)
6月 ・与えられた役割を完全に遂行できる ・新人育成記録の提出(2ヶ月)
・シリンジポンプ、輸液ポンプの使用方法
・心電図研修パート1(装着方法・基本波形)
・バルンカテーテル管理について
7月 ・患者への適切な看護ができる
・職場で必要な基礎看護技術を
 習得できる
・死後の処置について
・プリセプターとの面接
・技術チェックリスト・新人育成記録の提出(3か月)
8月 ・時間内に確実に業務ができる ・緊急時の対応
・新人育成記録の提出(4か月)
9月 ・優先順位に沿ってミスなく業務が
 できる
・新人育成記録の提出(5か月)
10月 ・チームの一員として行動できる  ・プリセプター面接
・技術チェックリスト・新人育成記録の提出(6か月)
11月〜2月 ・指導を受けながら安全に看護が
 実践できる
2月〜3月 ・自己実現のための目標が立てられ、
 具体的内容に沿って行動できる
・プリセプター、所属長と面接
・技術チェックリスト提出(1年目)
 (2年目の課題を明確にする)
・新人育成記録の提出(1年目)

プリセプターシップ制度
期間: 1年間
役割: 新人看護職員の職場環境に関する支援
新人看護職員が基礎看護技術を身に着けて、チームメンバーとして機能できるまでの
指導援助を行う
プリセプティ:山内さん
太田総合病院に就職して二か月が経過しました。最初の一か月は内科病棟に所属となり、二か月目からは耳鼻科・内科・泌尿器の混合病棟に所属しています。
新しいことだらけで毎日が緊張の連続ですが、先輩の皆さんはとても親切、熱心にご指導してくださり、安心して業務に臨むことができます。プリセプターの先輩方は忙しい中でも常にわたしたち新人を気に掛けてくださいます。
時にはつらいこともありますが、精神的なフォローもしていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも患者様の為に日々努力していきたいと思っております。
プリセプター:坂尾さん
全てが“初めて”の環境で、分からない事・不安なことがたくさんあって大変だと思います。私自身、“初めて”のプリセプターという立場で、改めて学ぶこと・感じることも多くあります。
ひとつひとつ、一緒に頑張っていきましょう。

プリセプティ:山田さん
看護師として行うべきことを先輩方に1から丁寧に教えていただいています。
実際に毎日患者さんと接し、様々な患者さんと関わりながら知識・技術を深めていき、できることを1つずつ増やしていきたいです。
プリセプター:石戸さん
私自身もプリセプターは初めてで学びを得るところはたくさんあります。
慣れないことだらけで大変だとは思いますが、一緒にできることを1つずつ増やして頑張っていきましょう。

技術チェックリストの活用について
1. 入職時(4月)、3か月目(7月)、6か月目(10月)に、プリセプターと自己評価・他者評価を行い、
所属長経由で看護部に提出する
2. 5月(プリセプター面接):
主にメンタル面など職場環境適応状況についての把握と、困っていることはないかの確認を行う
10月(プリセプター面接):
上半期の評価と主に、下半期の課題を明確にする
2〜3月(プリセプター・所属長との面接):
1年間の評価と未到達項目の確認、2年目への課題を明確にする


継続教育

経験年数: 2〜3年目
到達目標: 1. 看護チームメンバーとしての自己の役割と責任を理解し実行できる
2. 個別性を考えた看護過程の展開ができる
3. 看護過程の一連をまとめ、自己の体験を通して看護観を深めることができる
予定時期 内容
6月 看護実践を振り返る
7月 看護過程展開についての説明
8月 スタットコール(コードブルー)
9月 術中の循環動態の変化と管理について
10月 心電図研修パート2 致死的不整脈・虚血性変化について
11月 看護過程事例発表
12月 看護過程・看護観を含めてのまとめ
2月 看護過程最終提出

経験年数: 3〜6年目
到達目標: 1. プリセプターの役割を理解し述べる事ができる
2. 自己の学習活動のみならず、指導的役割を発揮できる。
  (チームリーダーやコーディネーターの役割)
3. 実践でリーダーシップが発揮できる
4. 自己の教育的課題達成に向けた教育活動を展開する事ができる
予定時期 内容
4月
5月
新人看護師と実地指導者(プリセプター)面談
「プリセプターシップとは」研修
技術チェックシートの評価:プリセプティと面談
6月 リーダーシップ研修@「ナラティブ」
7月 プリセプター会議
技術チェックシートの評価:プリセプティと面談
8月 スタットコール(コードブルー)
9月 術中の循環動態の変化と管理について
10月 技術チェックシートの評価:プリセプティと面談
心電図研修パート2 致死的不整脈・虚血性変化について
11月 リーダーシップ研修A「ナラティブ」
12月 リーダーシップ研修B「ナラティブ」発表
1月 プリセプターまとめ(グループワーク)
2月 技術チェックシートの評価:プリセプティと面談
リーダーシップ研修「ナラティブ」まとめ

経験年数: 5年目以上
到達目標: 1. 臨床看護の中で、研究的視点を持ち、主体的に研究に取り組むことができる
2. 所属する部署で、高度な看護実践を行い、モデル的な看護実践の教示をすることができる
予定時期 内容
4月 看護研究説明会
5月 看護研究テーマ提出
6月 看護研究計画提出
8月 スタットコール(コードブルー)
9月 術中の循環動態の変化と管理について
10月 心電図研修パート2 致死的不整脈・虚血性変化について
11月 抄録提出・論文提出
12月 看護研究発表
1月 病院学会発表選出
2月 看護研究抄録まとめ

各種研修会

平成23年度研修(一部抜粋)
・看護にいかす感染対策
・スタッフと組織が元気になる看護管理
・褥瘡予防とケアの実際
・求められる看護記録
・ナレッジマネジメント
・看護技術「静脈注射・点滴・採血・吸引」
・看護技術「フィジカルアセスメント」
・臨地実習指導者研修
・新生児蘇生法講習会
・リーダーシップ チームで取り組むために
・医療安全管理者養成研修
・看護管理T 主任・リーダーナースに求められる看護管理@
・横浜市医療安全研修会
・看護職離職防止対策研修
・最近の感染症情報と感染管理について
・求められる役割認識とリーダーシップ
・ヒューマンエラーの基礎知識
・プリセプターの役割と機能
・リーダーシップ研修会
・分娩介助技術を磨く
・労働基準法における労働時間の考え方について
・看護職の確保・育成・定着化セミナー
・ヒューマンファクターとヒューマンエラー
・プリセプター研修@
・看護研究発表・活動報告会(神奈川県看護協会川崎支部)
・教育委員会の勉強の方法論 視点と実践
・平成23年度 神奈川県医療安全推進セミナー
・乳癌の早期発見と適切な治療
・臨床実習指導と看護倫理

(順不同)

院内活動

【クラブ活動】
 ボーリング部、バレー部、テニス部、スキー部、野球部、ダーツ部、
 フィッシング・クラブ、桔梗クラブ(園芸部)、愛走会(マラソン部)
 などがあり、定期的に練習を活発に行っています。
 また、院外各所の大会にも積極的に参加して、各部で優秀な成績を
 収めています。
【院内親睦旅行】
 当院では、院内親睦旅行として、隔年で旅行を実施しております。
 平成25年度は沖縄旅行を実施致しました。


COPYRIGHT(C) ota general hospital all rights reserved.